賃貸契約を結ぶ際には、必ず連帯保証人を立てた方がいいでしょう。これは家賃滞納トラブルを防ぎます。

賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。

賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。

賃貸契約を結ぶ際の連帯保証人

賃貸借契約での連帯保証人は、契約から生じる借家人の債務を借家人と連帯して保障する義務を負う人のことをいいます。借家人が債務を履行しないときは、連帯保証人が借家人に代って債務を履行します。実際に連帯保証人を探して依頼するのは借主ですが、法律的には連帯保証人と家主が当事者として契約を結びます。

借家人が家賃を滞納したり、破損した設備の修繕費などを市は割らない場合、家主は直接連帯保証人に支払を請求することができます。また、借主が家賃を支払わないで失踪した場合、連帯保証人に家賃を請求することができるので、借主との信頼関係が不十分な場合は必ず連帯保証人を要求した方がいいでしょう。

どのような人に連帯保証人を頼むことになるのか、法律的に規定があるわけではありません。身元がはっきりわかっていて、ある程度資力のある人に連帯保証人になってもらうといいでしょう。連帯保証人が決まったら、連帯保証人本人に賃貸契約書に署名と捺印をしてもらう必要があります。連帯保証人が遠方に住んでいる場合であっても郵便などを利用して、必ず連帯保証人本人の直筆で署名をしてもらうべきです。もちろん保証人などを立てなくても家賃などの滞納の問題がないのが一番の理想ですが、それは現実問題難しいようです。

関連情報

Copyright 2017 賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。 All Rights Reserved.