未成年者は単独では賃貸物件を借りることができないので、法定代理人から同意を得る必要があります。

賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。

賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。

未成年者は単独では賃貸物件を

未成年者であっても、独立して部屋を借りることもありますし、また、まだ未成年者であっても商売をしようとすることもあります。しかし、未成年者というのは、契約に関してかなり制限を受けることになっています。もちろん、することもできるのですが、一方的に破棄できる権利があります。契約行為をする側としては、これはかなり厳しいことになります。つまり、せっかく契約をしても相手が未成年者であれば、相手から契約を破棄される可能性がある、ということです。ですから、原則としては、商売人は未成年者とは大きな契約はしないです。生活用品などの売買は問題なし、ということが決まっているのですが、大きな買い物は取り消すことができるのです。賃貸契約も大きな契約になります。ですから、未成年者が賃貸物件を借りようとするときには法定代理人の同意を取ってきてもらうことになります。

つまりは、親とか後見人の同意です。これをすることによって、契約の破棄を一方的にすることができなくなります。ですから、貸し手としても安心して契約できるようになります。十八歳、十九歳も未成年ですから、勘違いしないことです。意外と十八歳以上、と間違って理解している人がいるのです。

Copyright 2017 賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。 All Rights Reserved.