最近何かと話題のシェアハウス、お持ちの賃貸物件もシェアハウスとして貸してみるのはいかがでしょうか?

賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。

賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。

賃貸物件を、シェアハウスとして貸す方法

近頃不動産の活用方法も実に様々です。そこで今回ピックアップしてみるのが、賃貸物件をシェアハウスとして活用する方法です。シェアハウスとして貸すメリットは、利回りが高く初期費用の償却を早く見込める事、一軒家を一世帯に貸すと退去した時に家賃収入がゼロになりますが、複数人で住んでいればいきなり家賃収入がゼロになるリスクが低い事です。また若者を中心に注目度が高いので、入居者を見つけやすいというメリットもあります。やり始めるなら、おそらく今がチャンスでしょう??では、シェアハウス向きの賃貸にするにはどうすればいいのか?まずは、シェアハウスがしやすい住まいかどうかがポイントです。部屋数が多い事や、キッチンが広い事、トイレが二つ以上あるとなお良いです。後は部屋にそれぞれ鍵を付ける事が最低限必要です。そして、住んでもらうターゲットを決めそれによって備品や改装などが必要になってきます。例えば、ボストンバック一つで上京してくる人をターゲットにするなら、ベッドなどの家具から家電品の準備も必要です。他に趣味に特化したシェアハウスなら、みんなでダーツが出来るスペースや大型バイクを置くスペースなど設備とスペースの充実が求められます。

そして複数の他人が同居する訳ですから、手厚いサポートも必要です。普通のアパートより管理をこまめにする心配りが大事です。でも、今はそういった事を全て任せられる管理会社もあるので上手く活用すれば、やりがいのあるオーナーになれるでしょう。

関連情報

Copyright 2017 賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。 All Rights Reserved.