賃貸物件を借りれば、自由に使うことができますが、集合住宅は制限が強く、その違いを知っておく必要はあります。

賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。

賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。

賃貸物件には、集合住宅か否かで制限に違いがあります

賃貸物件を契約して、借りることができれば、後は、自分の家として生活空間として利用することができます。もちろん、居住用として借りたものは、居住用として利用しなければならないなどの制限はありますが、その範囲であれば、自分の家として自由に使うことができます。しかし、この賃貸物件ですが、一戸建てとマンションなどの集合住宅では少し違う面もあるので、その違いを知ってこくことも必要だと思います。

マンションは一戸建てと違い、同じ屋根の下に複数の所帯が入居しています。隣家とは壁一枚で隔てられているという状態です。生活音なども聞こえる場合があります。ですので、隣家に迷惑になる騒音に対しては、一戸建てよりも強い制限を受けます。更に、エントランスホールやエレベーターホールなどは、当然、他の入居者も利用します。入居者以外でも利用することは有るでしょう。ですから、これらは共用部分として、他の人の使用を著しく妨げるような使い方をしてはいけないのです。ベランダも共用部分のひとつです。火災などの場合には避難経路となります。他人が入ってくることは通常ありませんが、その使用は制限されています。

この様に、同じ賃貸物件でも集合住宅には、一戸建てにない制限があるということです。

関連情報

Copyright 2017 賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。 All Rights Reserved.