賃貸の敷金の値上げは、賃料と賃貸借契約書に基づいて行われるものであって、妥当な賃料の値上げのときに認められる。

賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。

賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。

賃貸の敷金は、賃料が上がれば追加で支払うものか?

賃料の敷金というのは、契約時に書かれている賃貸借契約書にいろいろと説明されているところでもあります。この敷金に関しては、なぜ、敷金2ヶ月分というように何ヶ月分というようにいれているのか、それに、金額で入れているところが存在しているのか、という疑問がでてきます。このように、2種類の書き方で書いているのには、それなりに理由があるからなのです。その理由というのは、まず、契約書に「敷金は賃料の2ヶ月分相当額を常態とし、これを充たさなくなった場合には、その差額を支払う」という項目があるかどうかなのです。

このような文章が契約書に載っている以上、賃料が上がった場合に連動するということを言っているのです。そのため、賃料が上がった場合、その差額分だけは追加で支払う必要がでてくるというようになるのです。このあたりがテクニックといえばテクニックでもありますが、契約書というのは、民法で定められているところをベースにして、契約書は成り立っているので、追加分を支払う義務というのは生じてくるのです。だた、この値上げが妥当かどうかという問題も出てくるので、その周りの状況を把握し、それが妥当なものかどうかという判断も、必要になってくるというのもあります。

Copyright 2017 賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。 All Rights Reserved.