じょうずな賃貸契約の解除とは、転居の直前ではなくて、十分余裕を持ったスケジュールで調整することに尽きます。

賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。

賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。

じょうずな賃貸契約の解除について

家主さんとの話しがまとまり、これから賃貸契約に入るときには、家主さんとは実に良好な関係が構築できている借家人でも、契約を解除して借家を出て行くときにはそのタイミングと話しの切り出し方がとても難しいものなのです。契約解除は家主さんからの申し出の場合と、借家人であるこちらからの申し出による場合の二種類があります。いずれにしても、契約解除の条件については、事前に賃貸契約書に細かく記載されているのが通例なので、煩わしいですけれども契約書は契約前に全部目を通す必要があります。借家の契約書に限らず、あらゆる契約書は読破するのに骨がおれます。

契約解除となる卑近な例なんですが、家賃の滞納があります。通常家賃の滞納は連帯保証人や保障会社、保険会社により求償されるものですが、これらをネグレクトする契約書が実に多いです。いわば家主さんと借主との信頼関係で成り立っている契約なので、お互いに信頼関係を損なわないように心がけましょう。借主側で一番やってはならないことは、家賃滞納による強制立ち退き権が家主側にないという法律の盲点をつくような汚いやり方なんです。実例をみたことがあります。また、うかつに連帯保証人になると、自分が滞納家賃を支払わされる羽目に陥るのです。

じょうずな賃貸契約の解除なんですが、借主側も家主側も、それが必要となれば直前ではなくって、できるだけ早急に契約解除のお話しをすべきなんです。この際に問題となるのが、借主側による借家の壁や床などの痛みです。シビアな家主さんだったら、タバコの染みや臭いについてまで気にする方がいますので、事前に納得するまで話し合いましょう。基本的には同じ日本人どうしですから、仲良く円満解決するのが筋なんです。

関連情報

Copyright 2017 賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。 All Rights Reserved.