賃貸物件にて自分のではない傷や汚れで費用を請求されないために、入居時にその部屋の状態を保存しておこう

賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。

賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。

賃貸物件に入居する際にはその部屋の状態を保存しておこう

賃貸物件では何かしら部屋に傷や汚れといったものをつけてしまうと修繕費として敷金から差し引かれます。なので退去のことを考えると部屋を出来るだけ傷つけずに汚さずに生活をしていくのがいいのですが、ここで問題なのは自分が入居した時に既に傷や汚れがあった場合です。実は自分とは関係ないはずなのに、このせいで修繕費が出てしまうというケースがあり、それに対してのトラブルが出ることがあります。実際に自分のせいではない傷や汚れから費用が出たらたまったものではありません。

では、そのような事態にしないためにはどうしたらいいかというと、論より証拠ということで、自分がつけた傷や汚れではないという証拠を用意すればよいことになります。なので入居する際には大家さん等に立ち合いをしてもらって、写真等を用いてその部屋の状態を保存してもらっておくといいでしょう。そうすれば大家さん側も入居者がつけた傷や汚れではないと判断できて修繕費の請求がされるという事態はなくなります。ただもちろんその場合には手抜かりなしに全てのところを保存しておきましょう。もし保存していない場所があった場合には結局同じようなトラブルに発展することになるからです。

関連情報

Copyright 2017 賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。 All Rights Reserved.