賃貸借契約を基本としているので、「住居のみ」や「事務所も可」の契約はしっかりと守る必要があります。

賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。

賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。

賃貸契約で、事務所として借りれないところもある

賃貸借契約で、借りたときに、そこの場所が「住居のみ」なのか、それとも「事務所も可」なのか、ということが書かれていたりします。これに違反した場合、最悪、その場所を退去しないといけなくなったりします。また、その場所を、「事務所」として一室を使い、なおかつ、自分の生活空間として使っている場合も同じことが言えたりします。あくまでも、契約書というのは、遵守しないといけないのは当たり前で、そのことを隠して使用していても、いずれはわかってしまうもので、わかったときには、大家さんとの信頼関係もないような状態になってしまいます。

そのような事にならないためにも、契約のときにお願いするとか、また、仕事として、一室を「事務所」として使用することを知らせることをすぐに行うことで、案外、すんなり認めてくれることもあるかもしれないのです。ただ、隣近所に迷惑を掛けないようにすることは、最低限のルールでもあるので、そのことをちゃんとしていれば、すぐに退去させられることはないはずですが、それでも、トラブルの原因になっているので、あまりいいことではないのです。このように、事前に、賃貸の場合は確認するということをしていれば、いろいろなトラブルに見舞われることなく過ごすことができるものでもあるのです。

関連情報

Copyright 2017 賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。 All Rights Reserved.