賃貸住宅で、基本的に大家さんが修繕を行うが、小物については、入居者が修繕を行うのが基本になります。

賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。

賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。

賃貸住宅で、排水パイプの修繕費はどこがもつのか?

賃貸住宅では、排水パイプ破損して使えなくなった場合、急な修理が必要になったりします。このような場合は、管理会社が中間入っていれば、そこに連絡して任せたり、そうでなくて、大家さんが直接行っているのであれば、大家さんにまずは連絡するのが筋であります。ここまではいいのですが、さて、その修繕費をどこが負担しなくてはいけないのかという事ですが、それは、法律で定められているところで、賃貸物の使用や収益に、必要な修繕を行う義務というのは、大家さんがそれを負う責任があるのです。ただ、どこまでが、その義務を負うのかというところまでは、法律では定めておらず、明確ではないのも事実です。

これには、いろいろなところがあって、それは、過失があるかどうかでも、その判断が分かれてきたりするのです。一般的には過失があった場合、その修繕義務というのを入居者が負う場合もあるということを念頭にして、賃貸物件は使用することにしないといけないのです。また、時間経過による経年劣化の場合も考慮する必要もあって、その場合は、大家さんの修繕義務が発生したりするのです。それらは、どっちかというと大きな物であって小物の修繕となると、ヒューズの取替えや水道蛇口のパッキンなどの交換は、入居者がその責任を負うことになるのですが、現在は、賃貸借契約には、そのような細かいところまで記載されている契約書もあるのです。

Copyright 2017 賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。 All Rights Reserved.