賃貸物件で騒音が聞こえたのなら、安易に原因を決め付けずにまずはその騒音の発生源を特定するようにしよう。

賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。

賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。

賃貸物件で騒音が発生した際に最初にすること

賃貸物件において多いトラブルなのが音です。特に騒音が発生して住民同士のトラブルに発展するというのはもはや珍しいことではありません。少しの音だったらよいのですが騒音ともなれば、自分の生活にも影響が出てくるので、どうにかして解決をしたいところです。その際には大家さんに言えばよいのですが、その大家さんに相談する前に最初にすべきことがあります。

それはその騒音の発生源を特定するということです。それだったら簡単だと思う方もいるかもしれませんが、確かに簡単なケースな場合はそれでよいのですが、残念ながら音の特性を考えると、意外とそこまで簡単な話ではないのです。例えば天井から騒音が聞こえたとなると、どうしても上の階の住民が原因と思ってしまいがちですが、実はこれがむしろ下の階の住民が原因だということがあるのです。その賃貸物件の構造にもよりますが、音の流れによって下の階の音が上がっていって起こる現象です。なのでそれが分からずに発生源を決め付けると当然誤解された住民とトラブルになり、問題は解決しない上に人間関係に支障が出るという最悪の結果になってしまいます。

なのでまずはどこから響こうが決め付けをせずに、発生源の特定をしましょう。そのためには、どのような音が響いてくるのかを聞いて確認してそこから絞っていくのがいいでしょう。

Copyright 2017 賃貸での暮らしなら、カード払いがお得です。 All Rights Reserved.